とことこと

NOVEMBER 11, 2021 / とことこと

Made to Move

ファッション写真家、リチャード・アヴェドンがモデルになっている映画がある。「パリの恋人」というミュージカル映画だ。

とにかくファッショナブルな映画で、今見ても斬新!この映画がファッションの道を志すきっかけになった、というクリエーターがたくさんいる、ということに納得できる。

オードリー・ヘプバーン主演。リチャード・アヴェドンを演じたのはフレッド・アステア。

彼こそマイケル・ジャクソンが崇拝し、もっとも影響をうけたというダンサーのひとりで「エレガントな男性」の、クラッシック中のクラッシックだ。

貴族の狩猟用のコートとして知られるローデンコート。歴史をたどるとオーストリアと南ドイツ、イタリアの国境にあるチロル地方で生まれた。その生地は、特別に防寒に強く、目が詰まっているのに軽い、ということを追求した製法で、ローデンクロスと呼ばれた。

カシミヤブレンドウールローデンコート
サイドゴアブーツ

その他、スタイリスト私物

マイケルが、両手を翼のように大きく広げて、つま先立ちで膝を曲げるあのアイコニックな一連の動き (是非 “audrey hepburn bohemian dance” で動画検索、もしくは上記を実際にやってみて下さい!)は、わぁこのオードリーのダンスシーンからきてるんだ!!という発見に、勝手に嬉しくなる。

マイケルの短めのパンツ丈とローファー、ポイントとなるソックス。これもこの映画に見られるスタイルだ。

Elegant! Elegant! Elegant!

アームホールにゆとりを持たせるウィングショルダー、背に深くとったインバーテッドプリーツなど、「動きを邪魔しない」という機能性をもってデザインされた歴史をもつのがローデンコートだ。

カシミヤブレンドウールローデンコート
サイドゴアブーツ

その他、スタイリスト私物

エレガントというのは、その動きから感じるものだということを、この映画に気づかされる。

正確にいうと動き回っているのだが、コート姿でフレッド・アステアが素晴らしくエレガントに踊るシーンがある。われわれは、そのダンスをうっとりとみるオードリーの視線と同化する。

"ローデングリーン"と呼ばれる特徴的なカラーは、歴史的に狩猟用コートとしての背景を持つローデンコートの代表的なカラー。獲物が逃げないよう、森林の中でも目立ちにくい「深緑」。ヨーロッパの深い森を連想させる。

カシミヤブレンドウールローデンコート
ビスコースクレープクラバットプリントフリルネックドレス
カシミヤ3DVネックカーディガン
サイドゴアブーツ

その他、スタイリスト私物

この映画は名シーンの連続で、今でもファッション写真のインスピレーションとなり続けている、1957年に公開されたファッションにおいてのクラッシックだ。

She Wants to Move

コトニエのクリエイティブディレクター、ナタリー・マーシャルは、このクラッシックなローデンコートの意味とストーリーを生かした状態で、今シーズン「全ての女性たち」のために、再構築した。

カシミヤブレンドウールローデンコート
ソフトラムウールタートルネックニット
ビスコースクレープクラバットプリントレギュラーカラーシャツ
ベルベットスリムパンツ
レザートートバック

その他、スタイリスト私物

この映画は、パリでまさにヌーヴェル・ヴァーグ映画がムーブメントになりつつある中、ハリウッドで作られた。

グリニッジヴィレッジの本屋で働く哲学オタク(=オードリー)が、ファッション誌に見出され、パリに行ってモデルになるという夢のあるストーリーなのだが、最近では本屋時代のファッションも“GEEK CHIC” でいいよねーと評されるようになった。

メンズファッションを取り入れるナタリーの意図がよくわかるアイテムでもある。このローデンコートは、生地やデザインの機能はもちろん、その歴史や意味、考え方も昇華させたデザインだ。

カシミヤブレンドウールローデンコート
ソフトラムウールタートルネックニット
ビスコースクレープクラバットプリントレギュラーカラーシャツ
ベルベットスリムパンツ
レザートートバック

その他、スタイリスト私物

音楽は「ラプソディ・イン・ブルー」や「サマータイム」の作曲家、ジョージ・ガーシュウィンのものが連なる。

この映画の主題歌に、“You've got all the qualities of Peter Pan(あなたはピーターパンのような資質をすべて持っている)”という歌詞がある。58歳のアステアが28歳のオードリーに向けて歌う、ラブソングだ。

LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

ヌーヴェル・ヴァーグ×リバティ

とことこと

1世紀以上人々から愛されているリバティプリント。クリエイターの息を感じ取ることができる、リバティプリントのシャツブラウスは、パリジェンヌの審美眼にかなう。

> 記事を読む

PARIS, REFINED

普通のパリ

コトニエのクリエイティブ・ディレクターを担う、ナタリー・マーシャル。もともとはフランスの雑誌のファッションエディターとしてキャリアを積んできた。そんなナタリーへのインタビュー第2弾。

> 記事を読む

ルーヴル美術館をスカートで全力で走る

とことこと

1964年のゴダールの映画 『はなればなれに』。ルーヴル美術館の中を、アンナ・カリーナがスカートで全力で走り抜ける爽快シーンは、世界中、おおくの女性の心を揺さぶった。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。