とことこと

SEPTEMBER 16, 2021 / とことこと

ルーヴル美術館をスカートで全力で走る

タランティーノは1964年のゴダールの映画 『はなればなれに』のタイトルから自分の会社をその英語名、“A Band Apart”と名付けた。

理由は、このゴダールの映画について書かれたポーリン・ケイル(ザ・ニューヨーカー誌の映画評で有名な映画評論家)のレビューを読んで、自分の美意識はこれだっ!とひらめいたからだ。

そのレビューとは:若いフランス人クリエーターたちが、カフェで、陳腐なアメリカン犯罪ミステリーを読んで、その小説の筋書きではなく、その行間から読み取れる“詩”をベースにして作ったような映画だ、というような内容だった。

フレンチ・ニューウェーブの原型に
新しい波を

『はなればなれに』の名シーンはなんといってもカフェで踊る場面。『パルプ・フィクション』のダンスシーンにも影響を与えたことは、有名だ。

クルーネックのセーターに膝丈スカート。このファッションは日本にやってきて、コケティッシュという女性像の新しい波を起こした。

シャイニーポリオーバーサイズシャツ
ウールカシミヤスカンツ
レザーヒールブーツ
ソフトラムウールニットキャップ

その他、スタイリスト私物

走っても走っても、「絶対上品」をキープできるのは、コトニエの使う素材と、シルエットのディテール。腰回りにボリュームのでないデザインや、サイドシームレスポケット、上質ウールカシミアの深い光沢感。コトニエのファンが、パリにて唸るポイントだ。

フレンチのイメージする「立つ」「歩く」「走る」

そしてワンモア・シーン。

ルーヴル美術館の中を、アンナ・カリーナがスカートで全力で走り抜ける、キュートでファニーで、ファッショナブルな爽快シーンだ。

世界中、おおくの女性の心を揺さぶった。

ここでは膝丈スカートに、ピーコートをはおっている。

フランスでは、このヌーベルヴァーグ・ムーヴメントの真っ只中に若者たちの革命が起きた。5月革命だ。

権威の象徴であるルーヴル美術館を、アンナ・カリーナが膝丈スカートで走り抜けた後、「自由」はクリエーターのものだけではなくなった。

アンナ・カリーナは、ココ・シャネルがつけた芸名だそうだ。本名アンナ・カリンなの?語呂が悪いから、アンナ・カリーナに変えなよーと、ELLE編集部で初めて出会ったときに言われて変えたそうだ。よかったねーと言いたくなる。

アンナ・カリーナの表現する女性像は、フレンチ・ニューウェーブやポストモダンなどと語られる。今シーズン、コトニエのイメージするヌーヴェル・ヴァーグ × ヌーヴェル・ヴァーグに関連づけると、もし今、美術館を全速力で走るコーデは?!とすれば、こんな感じだろう。 

高品質でなめらかなウールカシミアの、膝が隠れる程のスカンツに、しっかりとしたヒールのあるブーツ。

ビスコースクレープインディアンプリントノーカラーPOブラウス
ウールカシミヤスカンツ
レザーヒールブーツ

その他、スタイリスト私物

このスカンツのベージュ「アムフォラ」は、ヨーロッパの伝統的な陶器にインスパイアされたカラー。ボタンをとめたカーデガンを、インして着るというのもアンナ・カリーナ風で、やってみたい。

60年代を走り抜けたフレンチ・ニューウェーブの、衝動と行動を纏うスカートに、新しい波。コトニエの新しい提案。

今回ご紹介したウールカシミヤスカンツをはじめ、スタイリングにヌーヴェル・ヴァーグ(新しい波)を起こしてくれる旬顔パンツが勢揃いしました!フェア期間中、オリジナルBIGショッピングバッグや、裾丈のお直し無料券を先着でプレゼント!フェアの詳細はこちらをチェック!

LINEで送る

- とことこといっしょに読む -

MARIN x Nouvelle Vague
PARIS, REFINED
白いシャツ変奏曲

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

NOUVELLE FRENCH TRAD

とことこと

今まさに、南仏ではカンヌ国際映画祭の真っ只中。その中で話題になっている映画のひとつが、ウェス・アンダーソン監督の最新作『フレンチ・ディスパッチ』だ。

> 記事を読む

PARIS, NOUS

普通のパリ

コトニエのクリエイティブ・ディレクター、ナタリー・マーシャルに、直接インタビューをお願いしました。パリの午後、カフェテラスにて。

> 記事を読む

NOUVELLE VAGUE x 2

とことこと

“フレンチカジュアルを代表するブランド”、コトニエ。ライフストーリーと共に、パリジェンヌは子供の頃から慣れ親しんできた。時代とともに毎シーズン改新を続けるコトニエから、新しいコレクションNEWS!

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。