とことこと

OCTOBER 01, 2020 / 普通のパリ

PARIS, POETIC

photo: Stephen Cameron and Inji Massoteau

「嗅覚が大切だとずっと思ってきたの」そう静かに語るパティシエールは、パヒューマー(調香師)と一緒に作る、という新しいコンセプトのお菓子屋さんを、パリの10区にオープンした。

フランス人は自分の感覚を大切にしているな、とよく思う。人にどう思われるか、ではなく、自分がどう感じるか。それをもっとも純粋に表すのが嗅覚なんだろう。

言葉が連れていってくれない場所へ。嗅覚は記憶を呼び覚まし、誘う。

日本人のお母さんをもつヘレーネ・ディグアンは「母の旧姓へのオマージュよ」と、そのお店を『クボ・パティシエ』と名付けた。

「もともとは、パルファムや嗅覚、ってコンセプトをお店の名前に使おうと思っていたの。でも、パティシエという言葉と、なんだかしっくりこないな、と思って(笑)」

olfacto-culinaire、香りの料理法とでも訳すのが適しているのか、お菓子の新しい角度からのアプローチだ。

ヘレーネはフレグランス・ハウスで7年間、香りを作るということに関わる仕事をしてきた。その頃から、クライアントミーティングのためにお菓子を作っていたそう。例えばラベンダーの香りについてのミーティングであれば、ラベンダーだけではなく、ストーリーを持たせるまた別の香りを加えたお菓子を作ったり。

もっとポエティックに

「娘、アデルが生まれてから、手を動かして何かを作る、という事にどんどん夢中になっていったの。」

自身の仕事に対しても、もっとポエティックでありたい、もっと感覚的でいたい、そう思うようになり、『クボ・パティシエ』を始めたという。

「香りって、その絶妙な部分は、親や学校では教えてくれない。海の匂いだったら、例えば微かな金属の匂いとか、そんな繊細なところまで話し合わない。味、についてはもの凄く話すのに(笑)。特にフランスでは。」

なぜだろう。確かにそうだ。紅茶とマドレーヌの香りで、子供の頃の記憶に飛んでいって始まるフランスの小説『失われた時を求めて』にあるように、香りは記憶をゆさぶる。だからこそ、感情に強く訴えかける。五感の中でも最もパーソナルな感覚なのかもしれない。

「香りはひとつのお菓子に3つまで。それ以上はカオスなの(笑)。そのルールを破っているのがこのフィグのタルト。フィグ、フィグの葉、ココナッツ、ブラックカレント、4つの香りを調合してるの。」

掟破りの理由を聞くと、照れながら「ティーンエイジャーの頃飲みすぎたマリブ(ココナッツベースのピニャ・コラーダなどに使うリキュール)を思い出すから、その記憶をフィグの葉で、新しいものに書き換えてるの。」と教えてくれた。

嗅覚ってやっぱりパーソナルな領域だ。

子供をふたり(2歳になるアデルと、17ヶ月のマティス)育てながら、新しいビジネスにチャレンジするヘレーネの日常は、ずっと時間に追いかけられている感覚だという。

「お客さんが心から喜んでくれる。純粋に、愛を表現してくれるの。毎回溶けそうになる。幸せに感じる。」

そんな、週に何度も通いたくなるヘレーネのお店。ブルーベリータルトをいただきながら、お話を聞きました。

クボ・パティシエ
25 Rue Jacques Louvel-Tessier, 75010 Paris
+33 9 83 33 90 11

3Dカシミヤフェア
“CASHMERE IS TRENDY”

10/7(水)-10/18(日)

もっとポエティックに、もっと感覚的に。
「くるまれる」新感覚。縫い目がなく、立体的な美しいシルエット。
その着心地に、心がまあるく、優しくなります。

3Dカシミヤフェア
“CASHMERE IS TRENDY”

2020年10月7日(水)から10月18日(日)の期間中、全国店舗・オンラインストアにて、カシミヤ3Dニットアイテムをお買い上げのお客様に、#洗濯ブラザーズとのコラボレーション洗剤をプレゼント!

※プレゼントはなくなり次第終了いたします
※セール商品は対象外となります
※対象商品一覧はこちら(店舗により在庫状況が異なることがございます)
LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

スタイルの、軸になる

普通のパリ

ジャーナリストとして活躍するローラへのインタビュー第二弾。彼女が今ファッションに求めていることは、確かな価値のあるもの、スタイルの軸を作ってくれるような、時代に流されないオーセンティックなものだそう。

> 記事を読む

FRENCH BOURGEOIS

とことこと

さあ、2020年秋冬コレクションのスタートです!どんなストーリーが詰まっているのかドキドキしながら、プレスルームへ、とことこと。コトニエMDの熊澤さんに、新しいコレクションを紹介していただきました!

> 記事を読む

パリジェンヌに聞いてみた

普通のパリ

パリジェンヌは今季コトニエ・コレクションをどう思ってるの?モード界で活躍するパリジェンヌに聞いてみました。そして最近のパリの変化についても!!ちょっとびっくり。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。