とことこと

May 14, 2020 / とことこと

#パリジェンヌ #ミックスリスト #プレゼント

太陽が近くなった。
こうなると、聴く音楽も変わってくる。
「とことこと」でおなじみのパリジェンヌ・アンバサダー、インジーに最近どんな音楽聴いてるの?と聞いてみたら、意外な答えがかえってきた。
「ジャック・デュトロンの『5時、パリが目覚める』を急に聴いてる。」

学生たちの先導により政策転換を成した五月革命は、今でもフランス人の「自分の意志で権利を手に入れた」という自負に繋がっている。今でもそれは、フランス人の思考の在り方に大きく影響している。

初めて聴いた歌手なので調べてみると、1968年5月革命の直前にリリースされた、社会的メッセージ色の強い、大ヒット曲だった。

「あと、この曲を毎日娘たちに歌ってるの。」
と教えてくれたのが、ジャンヌ・モローの『レオン肌』

あなたの匂い、味が好き、レオン。美しいとはいえない、レオン。Leon Loveにまみれた歌なのだが、フランス人にとって、Leonという名前は本当に、本当に特別なのだろう。そしてコトニエのマスコットでもあるLeonをここで思い出しては笑顔になる。

ジャンヌ・モローは、フランス人女性の精神性を代表するようなアーティストで、映画女優として世界的に有名である、というところまでは知っていたが、初めて出会うこの曲、歌詞を調べてみたら、どっぷりと愛にまみれていた。

そしてそれをパリジェンヌが娘に歌ってきかせる姿を想像すると、心揺さぶられる。さすが、パリの老舗ジャズクラブ『New Morning』の孫娘だなぁとも思う。

「(バルドーについて)ブリジットはチャンピオン、私はチャレンジャー。」
名言の多いジャンヌ・モローの『突然炎のごとく』(’62)に出てくる、キャスケットをかぶったボーイッシュなファッションは、アイコニックな永遠のフレンチシック。

左:
エジプシャンコットンボーダー2WAY半袖Tシャツ
リネンコットンツイルシガレットパンツ


右:
エジプシャンコットンボーダー2WAY半袖Tシャツ
ハイライズストレートデニム
部屋にいい風が通る中、聴いたら最高に気持ちが良かったジャンヌ・モローをもう一曲。花を見に行くドレスを探したくなるような、気分の高まる曲だ。

インジーのプレイリストに感心しながらも、最近心奪われている曲を伝えた。

Dirty Projectors の『Keep Your Name』は多くの人が意味を解明すべく、オンライン上でディスカッションが繰り広げられる曲だ。

自分の選曲がシンプル過ぎないかしらと思いながら、少し迷ってこの曲も送った。

ティーンエイジャーのように、怖れる事なく恋に落ちる感覚を呼び覚ましてくれる。
パリジェンヌが今夢中になっているジャンプスーツ。シックなディテールなので、自信をもって元気に着れる。
この記事を書きながら聴いていたkieferの『Happysad』。
アルバムカバーとシンクロナイズした、フレンチブルのレオンTシャツと、赤いボディバック

最後に、とことことでも紹介したパリの本屋、Librairie Yvon Lambertでかけていた曲をリストに加えたい。

今では世界的に有名になったLittle Dragon「Fortune」のPVは、日本人アーティスト、Hideyuki Katsumataの手によるもの。歌詞と合わせて見ると、なんか優しいため息のようだ。

この時のアルバムカバーも同じく、Hideyuki Katsumataのデザインだ。

PLAY LIST

Jacques Dutronc - Il est cinq heures, Paris s'éveille
Jeanne Moreau - La peau Léon
Jeanne Moreau - Juste un fil de soie
Dirty Projectors - Keep Your Name
Bow Wow Wow - Fools Rush In (Kevin Shields Remix) - Marie Antoinette Soundtrack
Kiefer - Happysad
Little Dragon - Fortune
Little Dragon - Machine Dreams

5/13(水)〜 限定プレゼント!!

ジュート素材のバッグのプレゼントが始まります! コトニエ・ノベルティファンの皆さま、お待たせいたしました。

このロゴ入りジュートバッグは、5/13(水)より、33,000円(税込)以上お買上げの方へのプレゼントです!!* 今、ちょうどこんなの欲しかった!

* プレゼントは数に制限があるため、無くなり次第終了となります。ロゴのカラーは異なる場合がございます。
LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

自分のスタイルで着る

とことこと

「この水玉が可愛い!」先日の展示会で真っ先に飛びついたドットプリント。ファッションは直感的な選び方で、という、モデルの明希知美さん。彼女の“今”にフィットするコトニエコーディネートを紹介します。

> 記事を読む

HAPPY NEW EVERYTHING

普通のパリ

Bonne Année! コントワー・デ・コトニエのNEWコレクションは、パリジェンヌの間でもエモーショナルに話題にされるようだ。ということで、さっそくパリジェンヌの生声、聞いてみました!

> 記事を読む

こだわり抜かれたシンプル

普通のパリ

パリには数え切れないくらいショコラティエがあるものの、カカオ豆から厳選・焙煎して作っているところは数える程しかない。そんな中、豆からこだわったチョコレートを作っているのが、2区にあるプラックだ。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。