とことこと

MARCH 28, 2019

とことこと x Takako Shirasawa vo.1

「居心地のいい服」

その服で、その場所にいることが、心地がいい。

「着心地」ではなく、「居心地」のいい服。

人気ファッションエディターの白澤貴子さんが考える、服の楽しみ方。
それは、服選びだけじゃなくて、自分のいろんな考え方が変わるかもしれない。

そんな話を伺いながら、白澤さんとコトニエの接点である、パリの地を一緒に、とことこと。

とことこと x Takako Shirasawa vo.1

どこに行っても、自分がある。

ジャケットをあえてスカートにインにして、スマートな印象に。

リネンコットンジャケット
リネンコットンウエストリボンスカート

その他、本人私物

「今まで服を選ぶ基準に、着心地の良さよりも、着て気分が上がる服、見て上がる服を選んでいました。海外のクリエーターなどのインタビュー記事で、『服は着心地で選んでいます』という言葉にもピンと来ていないくて。

でもある日、あるバッグブランドのプレスの方がおっしゃった、

『どこに行っても自分が恥ずかしくないバッグを持つことが大切だ。どんな場でも自分が居心地が良いと感じるバッグを持つこと、それはビジネスをする人にとって特に重要。』

という言葉になるほど、と思いました。

それって、バッグだけでなく、服にも当てはまるのではと」。

仕事のシチュエーションにもハマる、白のジャケットとスカートのセットアップをセレクト。

リネンコットンジャケット
リネンコットンウエストリボンスカート

その他、本人私物

「学生の時はそこまで感じなかったけど、居心地の良い服を選ぶということは、大人になればなるほど大切なことだなと。

例えばダメージの多い服を着ているときに限って誰かに会ってしまって、さらにその方からお茶に誘われたりして、時間もあって行きたいのに行けなかったり。その逆で、きっちりしすぎる格好をしているときに、アーティスティックなイベントに誘われて、場違いな思いをしたり」。

仕事を始め、家庭を持ち、自由時間が限られているだけに、せっかくの時間と機会を無駄にしたくない。

そんな白澤さんが考える、居心地の良い服とは?

スモールサイズのポーチがついたベルトをして、モード感をプラス。

「カジュアルだったとしても、どこに行っても自分が気後れしない格好。たとえフォーマルであっても、どこかで自分らしさが残っている格好。

そういう格好でいると、結果どこに行っても居心地が良くなると思います。そんな服を自分の好きな場所で着る。そうすることで自分らしさ、というのも出てくると思います」。

パリで出会った、憧れのスタイル。

「全身白の格好って昔から憧れていたのですが、なかなか似合わない気がして。黒のルックって難なくまとまるのに、白だけの格好って若い時は着こなせませんでした。

でも最近、この年齢になって全身白もいいなと。何よりも白は清潔感もあって、人を迎え入れるようなイメージもあるので、ビジネスのシーンでも最適です」。

そんな白のルックの憧れは、昔パリに住んでいた時に見かけたマダムからだと言う。

「素敵なマダムが子供を連れて、コトニエのお店に入るのを見かけたんです。その方が上下白のニットとパンツをさらりと着こなしていて。周りからもひときわ目立つ存在だったので今でも覚えています。いつかこんな格好ができる大人になりたいなと」。

次号に続く...

白澤貴子さん
ファッション系フリーランスエディター&ライター。ファッション誌、広告・カタログなどを中心に、多くの撮影ディレクションやライティング、ファッションブランドのブランディングなどを手がける。趣味は乗馬。

とことこと x Takako Shirasawa vo.1

COORDINATE ITEMS

セットアップを、ワンピース風に着こなす
上級者フレンチシック・スタイル

今季のリネンシリーズは、セットアップで着るのがコトニエ流!ジャケットをウエストにINしてワンピース風に着こなして。

同シリーズのパンツも、ぜひオールホワイトのスタイリングで。

シルクフリルリボン長袖ブラウス
リネンコットンシガレットパンツ
LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

万能ライトアウターで春支度

普通のパリ

スプリングアウターが気になり始める季節。パリで活躍するミュージシャンのマルゴは、フード付きのショートブルゾンをチョイス。パリでは定番アイテムのパーカーを、シックに着こなすには?

> 記事を読む

トレンチ・レッスン

普通のパリ

パリで活躍するミュージシャンのマルゴ。生粋のパリジェンヌのマルゴが着こなす、今年のトレンチコートはどんなスタイル?トレンチ・レッスン by普通のパリ、スタート!

> 記事を読む

パリコレここがホット

普通のパリ

来月にはファッションウィークを迎えるパリ。今週の普通のパリは、ファッショニスタが集まるカフェ「LA BELLE EPOQUE」と、リアルなパリジェンヌ・スタイルをご紹介!

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。