とことこと

普通のパリ

FEBRUARY 7, 2019

憧れのキューバ

CUBA!!!
パリジェンヌの間で一番ホットな旅のディスティネーション!それはファッション業界の人にとどまらず、まわりの音楽や、ジャーナリズム業界の友人の間でもそう。

2019年をデザインする」と自分との約束を守るため!?キューバーへ、衝動の旅ジャーナル。

車の写真はいらない、と思っていたが、パリのプロテストを思いながらYELLOWを一枚。ハバナのGran Hotel Manzana Kempinskiに泊まったが、iphoneチャージャーがない、といわれ友人に持ってきてもらった。ベルリンでOPOSのスタッフ全員に買ったお気に入りのiphoneケース。直接ロープがついてて撮影のときに便利。

日本の親友、YOKOより「キューバに行くからインジーもくればいいのに」といわれ、自分のスケジュールと照合してみるとちょうどNew Yorkでの撮影前。2泊3日ならできそうだ。

今回泊まったホテルのルーフトップ。古く美しい絵になる建築物で知られるハバナだが、あちらこちらで壊され、新しい建築物に変わってきている。変化はそう、いいことだと信じよう。だからこそ、古いものに胸を動かされるんだろう。

ハバナ到着後、YOKOとはLamparilla Tapas & Cervezasというレストランでおちあい、ディナー。キューバはご飯美味しくないよー、と散々パリの友人たちにおどかされてきたけど、美味しかった。

キューバにくる前に、タークスアイランドにいたYOKOは、モヒートもピニャコラーダもダイキリももう飲みあきているため、最初からSantiago de Cuba Anejo、ロック。 ドレスから水着が透けて見えている。泳ぐんだ。

ビニャコラーダは一気にバケーション気分にしてくれる魔法の飲み物。ハバナで飲んだ味は、アイスクリーム+ラム+ココナッツ+パイナップルという印象。ディナー後によったEl Del Frenteというルーフトップバーはおしゃれな人たちの集まる場になっていた。

モーニングで出されるモンテクリストはチェゲバラのお気に入りの葉巻で、フィデルカストロはコヒバの高いやつらしい。モーニングメニューでコーヒー&シガーがあるのが楽しい。ハバナの薬局(右)が美しすぎ品揃え少なすぎて楽しい。旅先でレギュラーの店を見つけるのも楽しい。

パリでの朝は、起きた瞬間から2人の娘に愛を求められ、愛をうけ、シアターのように始まる。旅先でのひとりの静かな朝の時間は本当にラグジュアリー。大切にしている。

配給制のハバナに花屋さんがあったよ(左)食品店ないのに、と花を持ってきてくれたYOKO。いつも旅先の部屋に花を活けているね。日本文化のそういうところ、リッチだなーとおもう。どの建物に(勝手に)はいっても絵になる。(右)

「キューバどうだった?」とよく聞かれる。「明るい共産主義」とこたえてみるものの、どんな言葉も当てはまらない。私は友人に会いにキューバに行き、ラグジュアリーホテルに2日泊まっただけだ。

アクセル・トスカの音楽はどうやって作ってるのか!と不思議に思う。どんな脳なんだろう。

このキューバ人の音楽は私のキューバの印象に近い。

明るい、とどまらないスムーズさで、女性がセクシーに感じることに肯定的で、理論的では全くなく、健康的でかっこいい。

そう、キューバってこんなかんじ。

女性がセクシーに感じることに全力でYES!だ。

Gran Hotel Manzana KempinskiのSPAにも全力でYES!とってもおすすめ。窓からのみえる建築物も素晴らしい!サウナとミストの部屋もある。

仲のいいガールフレンドとSPAやプールサイドでおしゃべりするのは本当に楽しい。おしゃべりは、音楽のセッションみたい、なのかな。

ホテルから一歩外に出ると、目的地までの間にずーっと男性に声をかけられる。セクシーだと、伝えようとしてくる。可笑しいけど、悪くない。そう、あれだけいわれたけど、「ご飯、美味しくないよ」っていうの、嘘だよ!

ランチのおすすめはLo de Monik。ドリンクも美味しかった。今回はずっとオールドハバナに滞在。

こんな気分 / こんなスタイル

“旅” がキーワードの、2019SSコレクション。大自然からインスピレーションを得たコレクションから、今回の“旅” とリンクするアイテムをご紹介。

コットンミディアムトレンチコート

白に赤土の色を混ぜたような、ほんのり赤みのあるヌードカラー。そういえば、赤土の中を探検した白いシューズはこんな色になってた。
コットンフランネルチェックノーカラーシャツ

袖丈や、着丈のバランスに、とことんこだわったギンガムチェックのシャツ。本屋の前の薬局で、いつも堂々と寝ていた黒猫みたいに、自由に、ノンシャランに。
LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

上品ブラックを、ラフに。

普通のパリ

パリジェンヌのリアルな着こなしを連載で紹介している、「パリジェンヌと、とことこと」。今回も、2児の母であり、ファッションブロガーとして活躍する、Marieと一緒に、お気に入りのアドレスを巡ります。

> 記事を読む

こころが温まる時間

とことこと

アペロは人と人のつながりを深めてくれる、大切な時間。今回ご紹介するのは、キノコの風味を存分に味わえるあったかいメニュー。味わい深いレシピにぴったりの、気取らない上質スタイルを紹介します。

> 記事を読む

冬の完璧なシルエット

of the week

トレンドのビックシルエットコート。旬な色!と、スタイリストの上村若菜さんはカーキカラーをセレクト。これからの時期に、コートを着ても脱いでもウキウキするレイヤードスタイルを教えてもらいました。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。