とことこと

MARCH 01 / 普通のパリ

パリのジャングル

「マダガスカルとモーリシャスの隙間に浮かぶ島、レユニオンという島から父は来たの。」

そういうジュリアのレッド・リップスティックは、目の強さととてもいいバランスを保っている。

オートクチュールコレクションで働きながら、レユニオンの分厚いジャングルに思いを馳せ、描く、ジュリア・ダグードに話をきいてみた。

テキスト:インジー・マソトゥ

ハイファッションを体現しながら、ジャングルに思いを馳せる。

触りたい!手を使って、こんなアートを作りたい!

インジー: もともとモザイクの壁画デザインを勉強していたのよね?

ジュリア: アートスクールのアトリエがあまりにも美しかったから。(笑)教会みたいなの。

そこに、生徒の作った3メートル x 2メートルのモザイクがあって。すごくフィジカルで、オーガニックな作品たち。触りたい!手を使って、こんなアートを作りたい!って思ったの。

インジー: なぜ、ファッションに?

ジュリア: モザイクから織物に興味をもったの。石から、今度はコットンを使って色やパターンを表現するという、変化がおもしろい。

そこから、色のニュアンスの表現が違う、テキスタイルに興味が移行していったの。

美しいジュリアのお母さんは、エコール・エスティエンヌ(パリの歴史ある美術学校)出身のイラストレーターだ。

何もなくても、妄想だけで色んなものが作れる。母のおかげ。

インジー: 子供の頃からクリエイティブだった?

ジュリア: そうね。私の母は、テレビの代わりに色鉛筆とスケッチブックを与えてくれたの。

母が公園に連れて行ってくれるときは、一緒に妖精や魔女を探すの。そして、落ちている枝や葉っぱで、武器や薬を作って戦ったり。

何もなくても、妄想だけで色んなものが作れる。母のおかげ。(笑)

奇妙な形の原生林が茂るレユニオンの深い深いジャングルが、ジュリアのクリエイティビティのインスピレーションだそう。

ジャングルに生きる植物の、分厚い生命力。 変化し続ける色と形の宇宙。

インジー: ジュリアはジャングルの絵を描くのね?インスピレーションはどこから?

ジュリア: 私の父がレユニオンという島から来たの。マダガスカルとモーリシャスの隙間に浮かぶ島。

小さい頃から家族とその島に行く度、パリやその他のヨーロッパとの違いに愕然としてたわ。(笑)

ジャングルに生きる植物の、分厚い生命力。変化し続ける色と形の宇宙。

強迫観念にかられたように、自分の中のジャングルを、絵にすることに夢中になったの。

ジュリアのアトリエは、パリのジャングル。

自分の意志をもつということは、同時に戦うことを受け入れるということ

インジー: ジュリアのクリエイティビティには、お母さんの影響が大きいのね。子供ができたら、この価値だけは伝えたい!っていうのはある?

ジュリア: 人生を、楽しい!と思えるよう、クリエイティブに生きることかな。

そして、他の人を尊重できる人に。特に今の時代、大切な価値だと思う。フランスでは、個人主義な考え方が多くなってきているから。

インジー: フランス人女性って、特別に思う?

ジュリア: よく分かりません...でも、自分の意志をもつ、ということは、同時に戦うことを受け入れるということ、だと思う。これは神話ではなく、リアルなことだと思う。

ジュリアと話をすると、あまりにもの素直さに、ちょっと感動してしまう。

インジー: あなたの胸が揺さぶられるのは?

ジュリア: 愛!!!

私の家族、ボーイフレンド、友達へ。

シェアしたい。私の仕事、苦痛、疑いや夢、なんでも!

ジュリアの絵は、ジュリア自身、そのもの。

「シャイニーだったり、マットだったりするの。」

リップスティックの話をするようにジャングルの葉っぱの話をする、ジュリアのエネルギーを通して、アフリカの海に浮かぶ、小さな島の、密度の濃いジャングルに、思いを馳せる。

もはやジャングルに住んでいるようなジュリア。
LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

食べ物を前にすると、みーんな笑顔

とことこと

ブルックリンで毎週末開かれる、ハイセンスなフードマーケット「SMORGASBURG(スモーガスバーグ)」。そんな、食のクリエーターたちによる、ライブイベントを日本にもってきた女性がいる。「オフィス ムスビ」代表の鈴木裕子さんだ。

> 記事を読む

パリジェンヌのリアルスタイル

普通のパリ

"パリでトレンチブームを作った" と言われる、コトニエのアイコニック・ピース。日本に住むコトニエラバーのパリジェンヌに、春の着こなしを聞いてみました

> 記事を読む

トレンチの新しい表現

of the week

トレンドシルエットに進化したトレンチコート。キレイめスタイルに「今っぽさ」をプラスするテクニックを、スタイリストの上村若菜さんに教えてもらいました。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。