とことこと

FEBRUARY 22

食べ物を前にすると、みーんな笑顔

パリの男の子たちが、数年前からヒゲを生やしだした。

ブルックリンに憧れてるからだと聞いた。ブルックリンはヒゲ界のトレンドセッターとのこと。

ヒゲ以外にも、クラフトビールやフードスタンドがパリジェンヌの間で流行っている。

その憧れを凝縮したのが、ブルックリンで毎週末開かれる、ハイセンスなフードマーケット「SMORGASBURG(スモーガスバーグ)」。

そんな、食のクリエーターたちによる、ライブイベントを日本にもってきた女性がいる。「オフィス ムスビ」代表の鈴木裕子さんだ。

前回に引き続き、鈴木裕子さんが登場。今回は裕子さんの、海外とのお仕事について!!

>>前編はこちら。

テキスト:インジー・マソトゥ

裕子さんのオフィスにある、お茶室。どこを見渡してもやさしく、ホッとする。

インジー: 「スモーガスバーグ大阪」はどんなイベントですか?

鈴木裕子さん(以下、裕子さん): 才能のある料理人が日本にはたくさんいる。スモーガスバーグはフードマーケットであるだけでなく、そんな料理人たちをメディアや投資家が発掘し、その先の展開へと繋がるインキュベーションの役割も担っています。

スモーガスバーグ大阪は、このインキュベーションの仕組みを日本初でつくろうというものです。

ここにもホッとするポイントが!

食べ物を前にすると、みーんな笑顔

インジー: これも人と人を食で繋ぐお仕事ですね。見事に一環してる。(笑)始めたきっかけみたいなのって?

裕子さん: (笑)昔、外資系企業で働いていた時、みんな色んな国、出身の人たちだったので、コミュニケーションが上手くとれない時も多々あるんだけど、一旦ランチとなって食べ物を前にすると、みーんな笑顔になって、和気あいあいになるんです。

それがほんと印象的で。食、すごい!って。

インジー: 本当ですね。「スモーガスバーグ大阪」の出店者リストを見るだけで、もうワクワク。(笑)

うっとりするような美しい器たちが並ぶ。この器達も人に繋がっていくんだなーと、裕子さんのオフィスにあると思える。

裕子さん: 日本にはあまり人に知られていない、素晴らしい食のクリエーターがまだまだたくさんいて、感動するような仕事をされている。

インジー: 人が繋がること、大切ですね。なんか本当に幸せな仕事ですね。

裕子さん: (笑) ありがとう。

変なプライドがない、リアルな、異色のソムリエ

インジー: 裕子さんは世界最優秀ソムリエのエージェントもされてるとおききしましたが、どんなソムリエですか?

裕子さん: ジョン・アルヴィット・ローゼングレンという若いスウェーデン人で、才能にあふれているんです。今はニューヨーク在住です。

いつも自然体でカジュアル。ジーンズで最高のワインを出してくれるようなスタイルです。変なプライドがない、リアルな、異色のソムリエです。

インジー: (笑)裕子さんがリアルだから、周りの人もみんなリアルにさせるような気もする。

裕子さん: (笑)

陰を美しいと思う、日本人の芸術的感覚が、たまらなく好き。

インジー: たくさんのインスピレーションをありがとう。人に会う、っていうことを、改めて考えることができたわ。

裕子さん: 今度、来日した際は、ぜひご飯でも!

インジー: わーーーーっ!!!ぜひ!

 

大阪を心から愛す(大阪出身じゃないのに!!)、裕子さんの人柄を愛す、人と人の繋がりを感じることのできた、素敵な場と時間。

いい仕事だなーとつくづく思う。

人と人を食で繋げる、と一言でいっても、仕事としては、聞いたことない!と、なかなか理解してもらえないこともあるそう。でも「誰もやっていないと思ったから起業した」のだそう。

んー、やっぱりいい仕事だなーと思う。

LINEで送る

- とことこといっしょに読む -

人と人を食で繋ぐ。
美しい傷
Back to Basic

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

素直に進むことの力強さ。

とことこと

前回に引き続き、おしゃれ番長スタイリスト山王丸久美子さんが登場。今日は、ハイファッションとストリート感覚が融合した彼女独自のスタイル提案はどこからくるんだろう・・・というお話。

> 記事を読む

百年の孤独の国からパリに来た天使

普通のパリ

「自分を一言でいうと?」という質問に、戦士よ、と言い切るルシアナは、ティーンエージャーの頃にコロンビアのボゴタから留学生としてパリにきたそうだ。初っぱなから小さな衝撃を感じつつも、このインタビューにワクワクする。

> 記事を読む

新しいプリント、新しいカラー。

of the week

スタイリスト、山王丸久美子さんプロデュース企画第3弾は、プレコレクションを使った心弾むスタイリング。ワードローブを新鮮に見せてくれるプリントアイテムや、今からチェックしておきたいトレンチコートを使ってコーディネートしてもらいました。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。