とことこと

JANUARY 18 / 普通のパリ

ヤング・フレンチウーマン

22歳、学生。セリア・コテーユ。

そんな今までと違ったパリジェンヌと話をしてみた。なんともフレッシュなパワーをもらった気持ち。

テキスト:インジー・マソトゥ

目を輝かせて将来の夢を語る姿は、美人だという以上のセリアの魅力になっている。

セリアは22歳だが、ファッションについては、自分のスタイルをブレさせたくないという。

インジー: あなたのことを一言でいうと?

セリア: いつも何かを熱狂的にやるタイプの人間。いつだって何かに夢中になってるの。

インジー: 今まで夢中になったことは?

セリア: ティーンエージャーの時に、母が80年代のCANONのカメラを買ってくれたの。

なんの技術もないまま、あてもないまま、写真を撮りまくったわ。何にも知らないまま自分で現像なんかもして。今思えば実験的なことを無我夢中でやってたかんじ。

インジー: なぜ大学は写真を専攻しなかったの?

セリア: 私はお父さんを喜ばせたい、って癖があって、いわれるままに、コミュニケーションを専攻したの。

今年は大学最後の年。今のままじゃいや。もっともっと分野を広げたくって、違う大学のクラスに忍び込んでるの。(笑)

今はアートヒストリーのクラス(他の大学の)がすっごくワクワクする。

インジー: アートヒストリー?なぜ。

セリア: お母さんが、文化に関わる仕事をしてるの。音楽なんだけど、まわりには詩人やミュージシャン、フォトグラファーなどのアーティストばかりだったの。

お母さんの目から見える世界が好きだった。

アートヒストリーのクラスはなぜ、それが好きなのかを、考えさせてくれる時間なの。

インジー: なるほど。よくわかるわ。

アートヒストリーを勉強した後の世界は一変すると思う。目に見えるもの全てにストーリーがある。自分の感覚への理解が必ず深まると思う。

ねえ。フランス女性ってどう思う?

セリア: フレンチ?それともパリジェンヌ?

だってパリジェンヌはすっごいストレスかかえてて、イライラしてるし、保守的なブルジョワだと思うわ。

インジー: !!!(驚愕)

セリア: フランスの女性に関しては、すっごい独特だと思う。長年、世界の女性の自由のために!と、戦ってきた。それがフランス人女性に自尊心を与えてくれた。そんなキャラ。

戦後、どの国の支配なしに自治してきた、ってことも、フランス人女性のキャラ作りと関係していると思う。

インジー: (笑) 今までこの質問を何人にもしてきたけど、全く新しい見解だわ。

心がわさわさすることについて教えて。

セリア: えー!いっぱいある!

まずは友だち。いろんなアイデンティティをもった仲間同士で調和がとれていて、将来が爽快に見える。いろんなチャレンジができる!って思える。

あとはねー、旅もしたい。古いフォルクスワーゲンのバンで、目的地を決めずに自由に、ランダムに冒険したいの。

10年後、20年後が本当に楽しみ。ずっとまっすぐでいてね。

で!空を飛びたい!!!だからハングランダーを習おうと思ってる。

あと音楽も!!!現実の世界からぶっ飛ばしてくれるようなのじゃないといけない。

1日のなかででも、クラッシック、テクノ、サイケデリック、ロック、ジャズ、とかいろーーーんなジャンルを飛び交ってるの。

止まらないわ。

インジー: (笑)最後に、日本の女性について。
どんな印象?

セリア: アンビバレント。(相反する感情や態度をとる曖昧さ)

控えめで、近づきにくい部分と、エキセントリックでクレイジーな2つの全く違う性格が混在している。

とっても魅力的。

インジー: (笑)あなたも。フランスと日本の若い世代の女性の関係性が楽しみよ。

ありがとう。

LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 special contents -

Union Magazine編集長、登場。(前編)

とことこと

「Union Magazine」を知っていますか?もしまだ知らなかったら急いでチェックを。それはもう、写真集に匹敵するようなじんわり充実の時間がここから発生するんです。今回は、編集長の百々千晴さんが"とことこと"に登場です。

> 記事を読む

百年の孤独の国からパリに来た天使

普通のパリ

「自分を一言でいうと?」という質問に、戦士よ、と言い切るルシアナは、ティーンエージャーの頃にコロンビアのボゴタから留学生としてパリにきたそうだ。初っぱなから小さな衝撃を感じつつも、このインタビューにワクワクする。

> 記事を読む

美しい冬のスタイリング

of the week

百々千晴さんによるコーディネート企画第二弾は、ワンピースにスポットを当ててみました。自分へのご褒美にしたくなる、極上の着心地。冬の気分を盛り上げるコーディネートを教えてもらいました。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。