とことこと

NOVEMBER 02

女性能楽師から学ぶ“素敵”。(後編)

まだまだ人数は少ない女性能楽師の1人として活躍する、観世流シテ方の寺井千景先生。後編でも、“素敵”につながるヒントをたくさん教えていただきました。最近ご結婚されて、新婚ハッピーオーラにも満ち溢れた千景先生から、もっと素敵になるための手ほどきをしていただきます。

>>前回までのお話はこちら。

取材・文:土本真紀
写真:本多康司

寺井千景先生
能楽観世流シテ方。父である寺井栄(観世流職分)に師事。3歳で仕舞、老松にて初舞台。妹も能楽師として活躍している。ずっと男性によって演じられてきた能楽の世界にも、戦後から女性能楽師が誕生。現在は能楽師の約1割ほど、女性が活躍している。

真似ることは、学ぶこと。

「やはり、能楽師の世界はまだまだ男社会。私は鈍感なのであまり感じないのですが、女性だからできないよね、女性だから仕方がないよね、などと嫌味をおっしゃる方もいないわけではないと思います。でもそこを逆手にとって、女性だからこそ綺麗にして楽屋に入り、おしゃれをして、楽しく生きて、かつ舞台もやりきりたい。

忙しかったり他のことに気をとられてしまうと、どうしても女性らしさを考えることが疎かになってしまうので、そのバランスは大切にしたいと思っています」

直接話していても、メールなどでも、千景先生の言葉遣いの流麗さにはいつも教えられるばかり。日本語の繊細な表現を美しく使いこなせる女性でありたい、とお話しされます。

「恋ひわたる身はそれなれど玉かづらいかなる筋を尋ね来つらむ」演目は光源氏が詠んだ和歌に因んだ「玉鬘」

「素敵だなと思う女性の真似をするのが、素敵になっていくための方法の1つかもしれません。能楽のお稽古も真似をすることから始まります。ものまね、というとネガティブなことのように感じられるかもしれませんが、実は、学ぶためのとてもいい方法だと思います。

手紙の書き方はこの方の真似をしよう、お食事の美味しいお店のことはこの方に伺おう、メールの使い方はこの方に学ぼう。そんな風に、それぞれの人の周りにいる素敵な人を真似ていくんです。

一つひとつ、そうやって身につけてきたことが、今、とても生きていると感じます。感謝ですね」

真似ることはネガティブなことではない。そして人は真似るからこそ、例えば影響のある人は真似られて恥ずかしくない人であるべき。そう語る千景先生。これからは、どんな人生を歩まれるのでしょうか?

2009年から毎年、シンガポールでも能楽の普及にいそしむ千景先生。舞台俳優を目指す学生に能楽を教えているという。

1つ1つ、目標を持って。

「能楽師の世界には定年がありません。自分の身体が動く間はできますし、引退のリミットは自分で決めます。もちろん、お客さまに不格好な姿をお見せするわけにはいかないので、立ち振る舞いがきっちりできる間は続けたいですね。

お役によっては60歳を過ぎてからでないとやらせていただけないものもりますし、まだまだ、これからです。

人間は目標がないとだらだらしてしまいます。目標があるから生活ができて、なんでもいいと言われてしまったら、きっと生活もできない。能楽の場合、この目標設定が各年齢で与えられるので、ゴールがない苦しみもありますが、面白いと思います。

みなさんにも、日々その瞬間を大切にしながら、じっくりとご自身のお時間を過ごしていっていただけたら、と思います。能楽にもぜひ、興味を持ってみてくださいね」

能の声楽(言葉・台詞)にあたる部分、謡(うたい)を記した謡曲集。

撮影協力:横浜能楽堂
http://www.ynt.yaf.or.jp

日本の古典芸能のアーツセンター。能を始めとする日本の古典芸能の上演だけに止まらず、海外とのコラボレーションにより新たな作品も生み出している。また、初心者でも気軽に足を運べる解説付きの公演や、能・狂言のワークショップなども開催。

LINEで送る

メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします!
>>> メルマガに登録する

もっともっとコトニエ

    

- 人気記事 of the month -

スタイリストになった!

とことこと

前回、季節の変わり目のコーディネイトに失敗しないコツを教えてくださったスタイリストの武田さん。スタイリストになるまでの歴史。私たちの毎日にも参考になることが、たくさんありました。

> 記事を読む

パリのクールなホテル

普通のパリ

かっこいい!という意味の英語、Coolはもはやフランス語になっている。おしゃれなアイテムを見つけたとき、洗練されたサービスを受けたとき、クーールとクーの字を伸ばして発音する。そんなクーールを感じるホテルがこの秋オープンした。

> 記事を読む

今年顔ニットを味方につける

of the week

人気スタイリスト、武田亜利紗さんプロデュース企画第二弾!止まらない秋のおしゃれ心に応えて、今秋のトレンドニットの着こなしが楽しくなる方法を、武田亜利紗さんが伝授します!

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。