とことこと

OCTOBER 12

さて、今日は何を着よう。

涼しくなってきて迷うのが、「今日は何を着るべきか」。天気予報とにらめっこ。クローゼットとにらめっこ。先取りして買っておいたニューアイテムとにらめっこ。…。なかなか決まりません…。季節の変わり目のコーディネイトをいい感じに選ぶにはどうしたらいいの? スタイリストの武田亜利紗さんに根ほり葉ほり、聞いてまいりました♪

取材・文:土本真紀
撮影:玉井俊行

武田亜利紗さん(スタイリスト)
1985年山形県出身。スタイリスト酒井美方子氏に師事後、独立。ファッション誌を中心に、カタログ、広告など幅広く活躍する注目の若手スタイリスト。

秋は小物から呼び寄せる。

「ずいぶん涼しくなってきましたが、日中はまだ陽射しの強い日もあるこの時期。私は、“新しい季節を小物から始める”ことをおすすめしています。たとえばウールのベレー帽やストール、ブーツなどでしょうか。秋らしいアイテムが1つ加わるだけで、ぐっと変化が出てきます。

あとは、自分の中でまずキーアイテムを決めてからその日のコーディネイトを考えるのもいいかもしれません。

それは小物でもトップスでもボトムでもOK。そろそろこのブーツを履きたいから、パンツじゃなくてフレアのスカートにしようかな。買ったばかりの赤いトップスが着たいから、パンツはシンプルにデニムで。そんな風に、その日のスケジュールを想像しながら出発点となるアイテムを決めると、おのずと他のアイテムも決められると思います。

そして、そろそろ “ざっくり衣替え”もしておきたいですね。最近は夏も秋も冬もTシャツを着ますし、ワンショルダーのワンピースのようなアイテムでも、春夏は1枚で、秋冬はセーターと重ねて着るということもあります。となると、春夏用、秋冬用ときっぱり境界線をつけるのは難しいのですが、ざっくりとクローゼットの一番手に取りやすい場所に秋冬アイテムを動かして、春夏主体のものは少し奥に。絶対に春夏にしか着ないようなアイテムだけ収納する。

こんなざっくりとした調整をするだけでも、季節や気分に合う洋服が目に飛び込んでくるようになります。そうすると、その日のコーディネイトも選びやすくなるのでは?」

武田さんによれば、“ざっくり衣替え”は、3割くらいの洋服を入れ替えれば十分!とのこと。それなら、面倒なことが大嫌いな私でもできそうです。さらに必要なのは、“捨てること”だとか。

武田さん私物のマットブルーのブーツをキーアイテムに、コトニエの服でコーディネート。
チョーカーやソックスなど、さすがの小物使い!

惜しいもの=惜しいスタイリング?!

「季節の変わり目だけの話ではないんですが、失敗しないコーディネイトのためには、“このアイテム、いつかは着るかもしれない” “昔は似合ったけど最近はちょっと違和感があるかも”とタンスの肥やしになっている微妙なものを思いきって捨てるのも大切。

時間があれば、フリーマーケットなどで売るのもいいですね。何でも循環って大事ですし、そういう微妙なアイテムを無理して着ようとすると、結局コーディネイトの失敗につながってしまうのかな、と。惜しいものを捨てずに持っていると、惜しいスタイリングになってしまう危険性があるんです」

なるほど。いつか着る、という気持ちから、私のクローゼットにもかなりの肥やしが溜まっております…。

他にも、“暗いところで鏡を見ないこと(暗いところでメークをすると濃くなるのと同じ!おかしなバランスになります” “固定概念にとらわれないこと(たとえば1枚のカーディガンでも、表で着たり裏で着たり、1枚で着たり重ねたり、ストール代わりにしたり)” “自分の判断だけに頼らないこと(天気予報を調べたり、第三者にもコーディネイトをチェックしてもらったり)”と、いくつものアドバイスをいただきました。

「コトニエの秋アイテムの中で私がそろそろ着たいなと思うのは、Vネックのカシミヤニット。色はトレンドカラーの赤もいいし、カーキもいいですね。黒も使いやすそう! 同じアイテムを色違いで2枚持ってみるのも、スタイリングの幅が広がって楽しいかもしれません。

シンプルながらもいろいろ着回ししやすくて、主役にも脇役にもなる。こういうアイテムは、いろいろ幅のある使い方ができるのに、つい“いつもの着方”になりがちです。ボタンの締め方を変えたり、重ね方を考えたり、ベルトやスカーフ、チョーカーなどの小物と組み合わせたり、意識して少し冒険をしてみてはいかがでしょうか?」

コトニエは、スタイルのある女性がさらっと身につける素敵な服で、シンプルだからこそ、フェミニンにもマニッシュにも着こなせて、いろいろな表情があるんです、とお褒めをいただきました。

次回は、武田さんがスタイリストになるまで、のちょっとプライベートなお話です。お楽しみに。

- of the week -
武田さんお気に入りのカシミヤニットを使ったコーディネートはこちらから。

LINEで送る

- 人気記事 of the month -

ファッションは第一関門の突破口。

AUGUST 24 / 母と娘の森 着ている人にもその周りの人にも、すごく優しいブランド。それがコトニエ…

> もっと読む

新しい音の世界地図

普通のパリ

パリで活躍する音楽ジャーナリスト、アン・ベルトの音楽の旅。

> 記事を読む

ジャケット&パンツ、定番の新しい解釈

of the week

パリジェンヌのワードローブに欠かせない、テーラードジャケット。セットアップを使って楽しむ、新感覚の着こなし方。

> 記事を読む

Do you feel ...

#フレンチシック
#フレンチシック

コトニエのフレンチシックなスタイルは、何年経っても色あせない。こだわりの、フレンチシックなポイントを紹介。

#パリ・ライフ
#パリ・ライフ

幸せな時間を過ごすスタイルや、考え方のヒントって? パリジェンヌ目線のライフスタイルを紹介します。

#パリ・トレンド
#パリ・トレンド

パリジェンヌのライフスタイルに沿って生まれていくトレンドを追います。

#spring
#spring

パリの春の景色や、 spring アイテムなど... 新生活の始まりに役立つ、コーディネートやトピックを紹介。

#summer
#summer

夏の恒例、パリ・プラージュ。そんなパリの夏の景色や、パリジェンヌのバカンス、summer アイテムを紹介。

#autumn
#autumn

秋のパリは芸術色の絶頂。パリジェンヌがみた秋のパリや、季節の変わり目に役立つスタイリングTIPS を紹介。

#winter
#winter

ふわふわで肌にやさしいコトニエカシミア... そんな心地の良い winter アイテムや、パリジェンヌがみた冬、新年の景色を紹介。

#table
#table

パリの心温まるテーブルの景色や、グルメ情報、欠かせないコーヒーやクロワッサンのお話。

#パリ・カルチャー
#パリ・カルチャー

パリジェンヌ流のお茶会や、パリのカルチャー、フランスでの日本文化交流のお話。