とことこと

SEPTEMBER 28 / 普通のパリ

女性歌手のこと

南フランスの人間は気分をあげる、ということをとても重要視している。

おもしろい話をできる人が多く、南フランスの学生時代からずっーと仲良くしている友人、アン・ベルトは、その中でもおもしろナンバーワン。

そんな彼女は 音楽ジャーナリスト という職業を選んだ。中でもワールドミュージックを専門としたアンは、年中いい音楽を聴きに、いろんな国をパトロール、おもしろ話を聞かせてくれる。

テキスト:インジー・マソトゥ

アン・ベルトに教えてもらう音楽を聴きながらセーヌ川のほとりで自撮りしてみました。先日この記事にも書いた、Trio Da Kali & Kronos Quartetを聴きながら。

Inji: 今日は女性歌手のことをききたい。

先日教えてもらった Trio Da Kali & Kronos Quartet。あれからずーっと聴いてる。

女性のグリオ(西アフリカで部族の歴史や記録を音楽・詩・物語の形で言い伝える、語り部)と弦楽四重奏のコラボの、どっしりとした重さのあるナイーヴ加減。本当にひきこまれる。

アンは世界中の女性歌手のライヴにいっているよね。女性歌手のこと、もっと教えて。

アン: んーそうだね、、女性歌手でこの人は絶対!となると、やっぱカリプソ・ローズ!!

トリニダード・トバゴ出身の78歳のカリプソの女王。カリプソ・ローズを聴いて、生きてる!って感じてるの。

いまも新作アルバムを出し、バリバリ現役のカリプソ・ローズ。こんな女性がいるんだ、と思うだけで、なんだか幸せになる。

Inji: 最近、マヌ・チャオとコラボした大御所の女性歌手!

アン: うん。女性歌手としてだけでなく、女性としても、憧れているの。

歌うように、踊るように、生きる。

ただ、イエーーーーイ!じゃなく、繊細でもあって。カリプソニアン魂っていいなぁーって。いろんな知恵に溢れていて、生きるヒントをもらってるの。

Inji: すごい!で、他には?

アン: え?次?えーっと、ロシオ・マルケス。

天才フラメンコ女性歌手。

心が震えるよ!ライヴは。

またカリプソ・ローズとは違う、どうしようもならない情熱に掻き立てられた疼き、みたいな。

Inji: 女性歌手。おそるべし。ありがとう、アン。

アン: 喜んでいただけてよかったわ。女性歌手くくり、いいね。

 

女性に教えられることって、本当に多い。アンにスマホで音楽を聴かせてもらいながら、改めて思った、素敵なアペロ。

本当に、おもしろい女性アン・ベルト。世界中を旅して、いろんな話のネタがある。

ーNEWSー
メールマガジンに登録 すると、メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします。

LINEで送る