とことこと

JUNE 22 / of the week

優しく「くるまれる」。美しく「くるむ」。

「くるまれる」新感覚のニットが、コトニエに誕生しました。

その感覚を実現させたのは、ホールガーメントという日本の技術。

1着丸ごと立体的に編み上げられたニットは、縫い目がないのでごわごわせず、ノーストレスの着心地。

完全にプログラミングされた機械によって、通常4枚のパーツを 製法して作られるニットが、なんと無製法で仕上がるというのです。
ホールガーメントニットが生まれた原点は「軍手」

日本で生まれたこの手袋、安心して使える軍手を目指し、「縫い合わせをなくす」編み方ができる機械が発明されました。

そして手袋第一号が編み降りてきた瞬間、「真ん中3本の部分をくっつけたらセーターになる!」 そう思ったのだそうです。

フランスのアトリエでデザインされ、日本で作られたニットにはこだわりがたくさん!

商品をみる → DRESS

縫製に制限されることなく、編みの増減によって自然な丸みやフィット感がでます。
細部の透かし編みもとても美しい…

素肌に着ても透けず、コットン100%で快適な肌触り。もちろんお洗濯も可能です。

Tシャツ感覚で着られるトップスも今からヘビロテの予感。

商品をみる → KNIT

ネックの透かし編みと縫い目のない袖は、女性らしさを出します。
だからこそ、こんなマニッシュなコーデも挑戦できそう。

商品をみる → KNIT / PANTS / SHOES

ゆったりとしたデザインと、抜け感のあるネックラインのこちらも1枚でさまになる優秀トップス。

商品をみる → KNIT

秋になったらこんなレトロな重ね着も可愛いな。入荷が待ち遠しい!

体が通ったときに全てわかる、このこだわりと上質さ。

着るだけで、心がまあるく、優しくなる。

ーNEWSー
メールマガジンに登録 すると、メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします。

LINEで送る