とことこと

JUNE 15 / 普通のパリ

パリでルーフトップ農園

できないかもしれない。いや、できるはず。

洋梨、いちぢく、アボカド、レモンの木を買った。

まずは、ルーフトップガーデンの木を買った。毎日のように悩まされた、家のリフォームがようやく終わったから。

それぞれ育て方も違う。

洋梨は水をたくさんあげる。

レモンは肥料を絶やさない。

あれ、逆かもしれない。

夕日に浮かぶエッフェル塔を眺めながら、洋梨にせっせと水をやる日々。楽しみ。

あとは、ハーブをたくさん育てる。

ハーブは料理のスパイスにブーケガルニにしたり、ハーブティーにもでき、考えるだけで楽しい。

ミントとバジルはベトナミーズ・ヌードルのトッピングに。

何とでもあうローズマリーはみんなに愛されるハーブ。

レモングラスは衣替えのときに使えるし。。

夏のパリは日が長い。パリ観光にはとってもいい季節です。

以上、ほぼ妄想。(木は買ったけど)

それも楽しみのひとつとして、娘2人と会社2つと、そして木やハーブを育てようとしているパリジャンの、アペロタイムでした!!

テキスト:インジー・マソトゥ

ーNEWSー
メールマガジンに登録 すると、メンバー限定のおトクなニュースや商品情報を、いち早くお届けします。

LINEで送る