とことこと

FEBRUARY 09 / 普通のパリ

凱旋門からコンコルド広場 に向かってシャンゼリゼ大通りを『とことこと』。チュイルリー公園 の入口が見えてくる。

この公園の中を『とことこと』するとルーブル美術館まで15分くらいかな。

『普通のパリ』でお馴染みインジーが、今週も『とことこと』したチュイルリー公園。

文:田中洋子 写真:ほぼインジーとたまにその周りの人

フランス観光で行くチュイルリー公園って、ルーブル美術館のついでだったり、コレットのついで、ってイメージ。インジーと話していると、パリジェンヌは日常的に立ち寄ったりしているんだ、と思う。インジー寒そうだぁ。

田中: 行くねーチュイルリー公園。よく。

インジー: 付近でミーティングあったからね。さくっと入ったの。

田中: 『テュイルリー公園の音楽祭』っていうエドゥアール・マネの絵が好きで、インジーが行ったよって教えてくれる度、頭に浮かぶんだよねーあの絵が。

インジー: (笑)今度チュイルリー公園行ったら、思い浮かべてみるわ。公園辺りで、おもしろいレストラン行ったの。

生、蒸し、焼き、フライ、バンザーイ!!!牡蠣天才ー!!!弟が最近燻製作ってたけど謎だわ。 UMAはチュイルリー公園からコレットに行く途中にある:7 rue du 29 Juillet, 75001 Paris, France

インジー: 日本とペルー料理がミックスされた、UMAっていうレストラン。コレットの近くにあるの。

田中: へえ!ペルー?最近、日本でもペルーの話、よく出てくるんだよね。ランチに生牡蠣食べたの?

インジー: うん。白ワインと。オイスターバー、いったよねー。タンダゴーの。(インジーは五反田のことをこう呼ぶ。私が昔そう呼んでたので)

田中: あー!行ったねー!!壁が貝のモザイクの。ペルーでも生牡蠣食べるんだね。ペルー、なんかアツいわ〜

ルーブル美術館があるチュイルリー公園は、彫刻なんかもたくさん見れて、公園自体が美術館のよう。フレンチシックなインジーの足元。この記事の1番目の写真、あんな寒空なのに。

インジー: だよねー。キューバの次はペルーかな?あ、(とことこと)コーディングしてくれてる人、この前キューバ行ってたよね??

田中: うん。滞在の最後の方に、カストロが亡くなって、国全体が衝撃をうけてたのに影響うけてた。写真みせてもらったけど、プロが撮ったみたいにフォトジェニックな街に撮れてた。モヒートの日々、だったみたい。

インジー: 現地のモヒート、美味しそう。

次回につづく

- モヒート(Mojito)の作り方:おまけ -

1. 近所の公園にいって、持ちやすい枝を見つける。すりこぎ棒をイメージして。

2. 好きな形にカットしたライム1個と黒角砂糖を1個、丈夫なグラスに入れて、きれいに洗った枝でクラッシュ。

3. ミントの葉っぱを数枚いれる。このミントをどうするか。そこやがな。

4. キューバに住んでたヘミングウェイは、このミントをクラッシュしたモヒートが好きだったらしい。

5. 私は手でパンッと叩いたミントを浮かべるモヒートが好き。

6. ホワイトラムと氷も入れてクラッシュ。枝フル活用。氷をジップロックに入れて、枝でクラッシュしてるが、こんなことしなくていいと思う。

7. ソーダをホワイトラムと同じくらい足して(それぞれショットグラス1杯程)やさしく混ぜて飲む。

LINEで送る