とことこと

FEBRUARY 02 / 母と娘の森

たまに、駅から遠め、のケーキ屋さんがある。そこに買いに行く、道すがらも楽しみの時間になる。

パリの、そんな感じのケーキ屋さんはAngelina。

ここのチョコレートを食べると、みんな白目をむくはず。

こんな時間を提供できるサービスって、本当に素敵だなーと思う。フランス人の、「いいもの」や「気持ちのいいこと」にはお金を惜しみなく払うセンスのいい習慣があった上でなりたっている。

そしてその道すがらにあるのが、チュイルリー公園ってところに、目がハートになるはず。

これをみんなに伝えたい、というか経験して欲しい。目がハートで白目をむく。

チュイルリー公園を西へ歩くとルーブルに行き着く。パリで一番古い公園だそう。

すっごい忙しくて、心に余裕がない時こそ、こんな感覚が、いっそう幸せに感じる。落差もいい。

モントルゲイユでのカクテルパーティーでは、頭上はランタンでいっぱい。

やっぱり忙しい時にいく、カクテルパーティーの方が、暇な時にいく、カクテルパーティーより、自分が魅力的に見えるように思う。

LINEで送る