とことこと

JANUARY 26 / 普通のパリ

フランスのバンド『LA FEMME』の公演が Zénith de Paris で明日行われる。

世界は知らないコトだらけでできている。クリエイターは壊したり作ったり、作ったり壊したりしながら、新しい世界の見方を表現する。

この『普通のパリ』の連載でおなじみのインジーと、ワクワクするような音楽:フレンチシックな音を集めてみました。

文:田中洋子

la femme ressort
by LA FEMME

からまずは。今、パリのファッション界では注目されているのですが、日本ではほぼ紹介されていない(されていても違和感)このバンド、とっても可愛いんです。

去年『MYSTERE』というアルバムが出たのですが、今回ご紹介するのは、数年前の曲。

下記の曲に合わせてアルバムカバー風にしてみました、
新素材「セカンドスキン」ロングスリーブTシャツのアップ写真。

VANILLE FRAISE
by L'Impératrice

次にご紹介する『バニラストベリー』というタイトルのこの曲が、とてもキュート。

なんだか「大人の遊び」感覚の世界観で、笑顔にしてくれるから、私はリラックスしながらお出かけ前、鏡の前で(ひとり)ファッションショーしながらスタイリングを決める時、このバンドの音楽をかける。

下記の曲に合わせてアルバムカバー風にしてみました
第2弾、アンクルストラップパンプスのアップ写真。

Ann Wants to Dance
by Papooz

最後は、今のパリの音、トレンドを代表するようなフレンチ・デュオ。

新しいお洒落なポップスターというイメージ。あ、あと、いつもちょっと笑わせたい、という思いも伝わる。フレンチスタイル!の空気。

次回につづく

おまけ:
『LA FEMME』のベーシストはインジーのマネージメント会社OPOSのファビアンのファミリーだそう。日本でライブ、はやくやってくれないかなあ。

LINEで送る