とことこと

新 着


パリでじわじわ人気のスイート、パブロバ

JUNE 22 / 母と娘の森 モードと同じくお菓子の世界も流行がリバイバルする。フランスの伝統菓子、マカロンを天才パティシエ、ピエール・エルメがラデュレでミニサイズに変え発表し、その人気が海を超えて日本まで到来したのは記憶に新しい…

> もっと読む

南フランスの白馬

JUNE 22 / 普通のパリ 今日は、子供と馬の撮影だった。霧がかった水辺。優しく寄り添ってくれる白馬。もう子供モデルは妖精気分。私は大人だから、そこはおさえていく。撮影で南フランス、カマルグに来ている。カマルグといえば、カマルグ馬。放牧されている…

> もっと読む

優しく「くるまれる」。美しく「くるむ」。

JUNE 22 / of the week 「くるまれる」新感覚のニットが、コトニエに誕生しました。その感覚を実現させたのは、ホールガーメントという日本の技術。1着丸ごと立体的に編み上げられたニットは、縫い目がないのでごわごわせず、ノーストレスの着心地…

> もっと読む

子供と一緒に楽しめるカフェ

JUNE 15 / 母と娘の森 子供をベビーシッターに預けて、大人は大人の時間を楽しむ、というのがかつてのパリジャンスタイル。それが、ここ最近になって変化が!子供と一緒に楽しめるカフェ特集…

> もっと読む

パリでルーフトップ農園

JUNE 15 / 普通のパリ 洋梨、いちぢく、アボカド、レモンの木を買った。それぞれ育て方も違う。あとは、ハーブをたくさん育てる。ハーブは料理のスパイスにブーケガルニにしたり、ハーブティーにもでき、考えるだけで楽…

> もっと読む

パリから届いた泡と花

JUNE 15 / of the week いよいよ新作コレクションが START!毎シーズン楽しませてくれる、オリジナルのプリントアイテムが入荷しました。まずは、今すぐワードローブに花を咲かせてくれるシルクのワンピース。…

> もっと読む

パリでいけばな、手軽に文化交流

JUNE 08 / 母と娘の森 いけばながすごい!と思うことは、たとえ道具類が無くても、どこでもいつでも植物と器さえあればできるということだ。ある意味、とても手軽に日本文化交流ができる。それに世界中どこにいっても、抹茶が嫌いな人がいても…

> もっと読む

新しい朝。

JUNE 08 / 普通のパリ 91歳になる祖母は、『New Morning』というジャズクラブのオーナーだった。まだ小さかった私はチェット・ベイカーとアーチー・シェップのライブをえらく気に入っていた。…

> もっと読む

ジェントルT

JUNE 08 / of the week 先週のリネンシャツに続き、この季節ぜひ注目していただきたい、100%リネンのTシャツ。驚きは、その手触り。麻特有のゴワゴワした感じが全くありません。素肌に触れるシャツだから、素材には絶対こだわり…

> もっと読む

ノスタルジックながら、心の深いところを突く紙マガジン

JUNE 01 / 母と娘の森 「夢をみるなら、それは実現する」にひかれてページをめくってみると、巻頭ではレトロ感たっぷりのイラストが。最後に20世紀初頭のドイツの詩人、カート・チュコルスキーの言葉「何も期待するな、いま、それがあなたの人生」で…

> もっと読む

パリのボタン

JUNE 01 / 普通のパリ 『Coffee and Cigarettes』が似合うエリア。そんな所に、ノルマンディの草原のようなカフェがある。フラワーデザイナー、クレモンティーヌ・レヴィのカフェ、『PEONIES』…

> もっと読む

ワクワク湧くリネン

JUNE 01 / of the week リネンは、吸水性と発散性がコットンの4倍!湿度の高い日本の夏でも、べとつかず爽やか。今日は、リネンシャツのコーディネートがより楽しくなるお手入れ方法と着こなし方をご紹介…

> もっと読む

パリでアメリカンフードが人気

MAY 25 / 母と娘の森 ここ何年かでパリでアメリカン・フードが大人気だ。なぜか突然、パリジャンがハンバーガーに目覚め、フランス牛100パーセントを銘打ったものや、子牛にチョリゾソーセージを挟んだグルメ版など、もはやカフェでは…

> もっと読む

美しいクリエイター。パリにて。

MAY 25 / 普通のパリ 女優のような美しい顔立ちで、癖のない話し方と壁をつくらない体の動き。知的さをポイと捨て、感覚を研ぎすましている若いクリエイター、ジュリー・ランサムに会いにパリへ…

> もっと読む

差がつくディテール

MAY 25 / of the week どこのブランドをみても見かけるようになった コンビネゾン。実は、ブームになる前からほぼ毎コレクション、素敵なコンビネゾンがコトニエでは登場しています。そんなコトニエだからこそ、差がつくディテール…

> もっと読む

パリの朝はマルシェでお買い物2

MAY 18 / 母と娘の森 マルシェでお買い物が済んだら、周辺エリアでぜひお散歩を!パリの東、バスティーユからマルシェ・アリーグルまで続くエリアはフランス革命の舞台にもなったところでもあり、フランス革命の発端となった…

> もっと読む

パリで船上アペロ

MAY 18 / 普通のパリ ボートに乗って夕焼けを見ながらピクニック風にアペロするけど行かない?インジーが誘ってくれた。どんなことがおこるのか、全く想像もつかないまま、「うん!いくいくー」と返事をした…

> もっと読む

寄り添うパンツ

MAY 18 / of the week 年齢やテイストが変わっても履き続けられる、応用力のあるパンツ。そんな頼れる存在は、意外とクローゼットにいない…でも、このウールパンツの品質と自由自在さは、持っていて自慢したくなる…

> もっと読む

パリの朝はマルシェでお買い物

MAY 11 / 母と娘の森 果物や野菜を売るマルシェはフランス人の生活に無くてはならない存在だ。平日はオフィスワークで朝時間がない人でも、週末になると近くのマルシェに行って、作り手が確かな生鮮食料品を求める、というのはパリジェンヌ…

> もっと読む

パリの子供

MAY 11 / 普通のパリ びっくりするのが、パリの公園で遊んでいる子供の多さ。土曜日のお昼前、モンソー公園でのブランコや滑り台の取り合いのカオス…

> もっと読む

もうすぐパーティー!

MAY 11 / of the week 母の日の前日、5/13(土)14:00〜16:00 コントワー・デ・コトニエ自由が丘店にてパーティー!人気イラストレーター、米澤よう子さんのトークショーイベントまであと…

> もっと読む

パリ、トップクラスのランチ

MAY 02 / 母と娘の森 ル・サンクにご飯食べにいった、というとパリではみんな「いかついな」という顔をされる…

> もっと読む

パリでBBQ

MAY 02 / 普通のパリ BBQの家の持主は建築家。今、バルセロナで住宅のデザインをしている。インジーの周りの人は、インターナショナルに仕事をしている人が多い。…

> もっと読む

米澤よう子さんと自由が丘でパーティー!

MAY 02 / of the week 5/13(土)14:00〜16:00 コントワー・デ・コトニエ自由が丘店にて、パーティー!フランスでは女性はエイジレスであるって、常識…

> もっと読む

米澤よう子さんとパーティー vo2.

APRIL 27 / 母と娘の森 たくさんの方と、心のこもったすばらしい時間。フランスの店舗を知る方も、フランスと変わらない雰囲気とあたたかさを感じられる、とコメントをいただきました…

> もっと読む

わさわさとパリ

APRIL 27 / 普通のパリ パーティーの翌日は大統領選。見学させてもらった。フランスでも、選挙会場は家の近くの小学校。その後、インジーの友人の家でBBQをした。子供がたっくさん。うん。健康的…

> もっと読む

フレンチシックな母の日

APRIL 27 / of the week フランスでマナー講師として有名なFanny Augerのメッセージをアイコニックなマリンボーダーに女性らしさを加えたMother’s Dayアイテムが、パリより届きました。こんな可愛い巾着に…

> もっと読む

パリでいけばな

APRIL 20 / 母と娘の森 海外生活をしていると、より日本文化について興味が湧いてくる。フランス人の友人から「禅とはなに?」とか、「わびとさびの違いは?」なんて質問をされると…

> もっと読む

フレンチ・リヴィエラのDNA

APRIL 20 / 普通のパリ 『普通のパリ』でお馴染みの、インジー・マソトゥもフレンチ・リヴィエラで育った。パワー溢れる自然と、繊細な文化がバランスよく寄り添い、人々を魅了する場所…

> もっと読む

コントワー・デ・コトニエ・サマー

APRIL 20 / of the week コトニエの2017SUMMERのデジタルカタログが発表されました!その中の個人的ハイライトを。フレンチシックでトレンドをおさえた花柄のコンビネゾン…

> もっと読む

米澤よう子さんとパーティー!!

APRIL 13 / 母と娘の森 思春期、こんなまっ直ぐな風景の中で育つとどんな人になるんだろう。私は知っている。透き通った空気をまとった、姿勢と動きの明るい女性。コトニエ淀屋橋店の尾崎さん…

> もっと読む

南仏スタイル「パーティー準備中」

APRIL 13 / 普通のパリ 「さりげなさ」や「なにげなさ」は、フランス人がとても大切にしている表現なんだな、と改めて思う。東京に、こんな場所があったの?と思わせるようなルーフトップで、ゆったりと…

> もっと読む

この夏、このサンダルで過ごしたい妄想中

APRIL 13 / of the week 今か今かと待ちわびて。ようやくこのサンダルがパリから届きました。このサンダルに何を合わせよう。ホワイトで統一したパンツコーデは、南フランスのパーティー…

> もっと読む

静かな変化。パリのカフェ。

APRIL 06 / 母と娘の森 フランスの生活ではカフェが欠かせない存在。朝、通勤前にカフェのカウンターでコーヒーを、ランチはテラス席で、ディナー前にはアペリティフを…

> もっと読む

大阪と南フランスから速報!!

APRIL 06 / 普通のパリ 速報です!パリジェンヌのファッショナブルなイラストで大人気の米澤よう子さんが、大阪のコントワー・デ・コトニエ淀屋橋店のパーティーイベントのゲストに決定しました!…

> もっと読む

カジュアルバッグも丁寧に

APRIL 06 / of the week 一言でいうと、愛着が持てるカジュアルバッグ。フレンチカジュアルには欠かせない、巾着フォルムに革はバックスキン。マチやショルダー部分にスムーズな革をあしらっているデザイン…

> もっと読む

本物のフレンチシック!

MARCH 30 / 5th week パリジェンヌ風ではなく、本物のフレンチシックを求める方へ。コントワー・デ・コトニエのインスタで、パリで活躍する照明デザイナーのジュリーのストーリーを覗いてみて…

> もっと読む

ロマンチックなインテリアに釘付け!

MARCH 23 / 母と娘の森 19世紀当時のアイコンでもあり、ファッションリーダーだった皇帝ナボレオンの妃、ジョゼフィーヌ・ボナバルト・スタイルのロマンチックなホテルがパリに誕生した…

> もっと読む

南フランスからビッグ・ハッピー・ニュース vo.2

MARCH 23 / 普通のパリ ビッグ・ハッピー・ニュース発表!サン・トロペで育ったピエーロが、南フランスで過ごすバカンスの雰囲気を、日本でも楽しめるようにと願って、4/7(金)から4/9(日)の期間限定で、渋谷にて、POP…

> もっと読む

パリジェンヌのトートバッグはやさしい

MARCH 23 / of the week 軽いバッグが欲しい。コトニエのトートバッグはしなやかな質感の革。軽やかな「良い革」。使い込むほどに馴染んでゆく、やさしいトートバッグが、パリからやってきました…

> もっと読む

パリ料理界は日本人が席巻!

MARCH 16 / 母と娘の森 パリでいま美味しいレストランを探せと言われたら、日本人シェフのいるお店に行け!と言われるぐらい、日本人の活躍がめざましい。そんな中、パリにまたひとつ面白いスポットが昨年…

> もっと読む

南フランスからビッグ・ハッピー・ニュース

MARCH 16 / 普通のパリ 南フランスのサン・トロペは、パステルカラーの港町。1950年代より、映画監督、作家、哲学者等の文化人がヴァカンスにここを選んだ。 コトニエMDミドリさんのお友達で、現在、日本に住むピエーロ…

> もっと読む

実録!新着デニム変化!!!

MARCH 16 / of the week フレンチは着心地に厳しい。シルエットにも、品質にも、素材にも、風合いにも、スマートさや合わせ方にも、厳しい。そんな事、すっかり忘れてしまっていた、天気のいい日。コトニエ青山店5周年パーティー…

> もっと読む

フランスの工芸品がずらり!

MARCH 09 / 母と娘の森 ひとの手によってひとつひとつ丁寧に作られたものにはどこか温もりがある。伝統工芸を大切にするのは日本だけでなくフランスも同じこと。メイド・イン・フランス100パーセントを…

> もっと読む

パリのクリエイティブ・スタジオでアペロ

MARCH 09 / 普通のパリ パリは東京に比べるとそんなに広くはなく、パリ旅行にUVERは、最高に便利でストレスなく移動できる交通手段だったのだが、最近にいたっては、車で15分の距離が…

> もっと読む

フランスから花束

MARCH 09 / of the week 春に目覚める花々のブーケを表現。そんな優しいテーマでありながら、POPなカラーでヴィンテージ調の花束を表現したアイテムが、パリから届きました…

> もっと読む

パリ狂想曲

MARCH 02 / 母と娘の森 「DAVID TOUTAIN」はミシュランの星をもつ、おもしろレストラン。アラン・パッサールの弟子で、日本文化にかなり影響を受けている…

> もっと読む

パリの空気を吸った建築物

MARCH 02 / 普通のパリ ルーブル美術館に隣接した「Le Café Marly」がインジーとの待ち合わせ。オランダの画家「フェルメール展」を見るため、少し早め…

> もっと読む

パリジェンヌの今年のデニム

MARCH 02 / of the week フレンチカジュアルな今春のトレンド、ブルーオンブルー。コトニエの、さらっと上質なスタイリング…

> もっと読む

もっと見る